静電気が頭皮に与えるダメージ

静電気が頭皮に与えるダメージ

いわゆる「ダメージ・ヘア」がつくられてしまう原因はいろいろありますが、中でも深刻なのが、頭皮が何らかのトラブルに巻き込まれてしまった結果、髪にダメージが及ぶというケースです。そして、頭皮のトラブルには実に多様な原因があるのですが、その代表的なものが、「静電気」なのです。

 

 

 静電気というと、特に冬場は毎年悩まされるという人もきっと多いと思いますが、静電気によるダメージで頭皮がトラブルに巻き込まれたということを実感する人はそれほど多くはないと思います。
逆にだからこそ、静電気による頭皮のトラブルには気づきにくいことになるとも言えるわけです。

 

 

 さて、ではこの静電気がどんな形で頭皮に悪影響を与えるのかという話しですが、原理は簡単です。
たとえば、髪をクシでとかす際にも、静電気の影響で髪がクシにまつわりついてしまうようなことは珍しくないと思いますが、これと同じように、小さなゴミやチリ、あるいはアレルギーの原因物質を知らず知らずのうちに引き寄せてしまい、これが何らかの理由でしっかりと洗浄されなかった場合、その汚れが頭皮に残ってしまい、頭皮のトラブルの原因になるというカラクリなのです。

 

 

 そうなってしまうと、頭皮の表皮細胞死んでしまい、表皮がはがれやすくなることから、いずれ頭皮が炎症を起こしてしまうことになり、遅かれ早かれ、何らかの症状がみられるようになります。
 だからこそ、特に静電気で悩みやすい冬場のケアというのは、できるだけしっかりと行う必要があると言えます。