ヘアカラーをしてみる

ヘアカラーをしてみる

ヘアカラーをすることによって印象が大分変わりますよね。同じヘアスタイルをしてもヘアカラーの色が違うだけで受ける印象は全然違ってきます。元々の自分の好きな髪の色を選ぶということもいいと思います。でも美容師のお勧めや自分の肌の色に合うようなカラーを選ぶのもいいかもしれません。

 

 

 

ヘアマニキュアのような半永久染毛料もあります。この場合ならアレルギーがあっても出来るというところがポイントが高いです。でもシャンプーをするたびに色が落ちてしまうというのはデメリットかもしれません。

 

 

 

カラーマスカラは一時着色料です。髪の表面を一時的に着色するというような使い方をします。髪のダメージもなく、シャンプーですぐに落ちますので、楽しむことが出来るのです。スプレータイプのものもありますのでとても便利ですね。

 

大阪で縮毛するならならFARO

 

そして白髪染めもヘアカラーの一種なのです。若い年齢の人でも若白髪が生えてきて困るという人も結構多いですよね。ある程度年齢を重ねている人でしたら、白髪染めをすることによって、若々しくなることも出来ます。

 

 

 

ヘアカラーの頻度は、その人の髪の毛の伸びる早さ、そして紙質、ヘアカラーの種類によってそれぞれ違います。ヘアダイの場合は長持ちしますが、それでも2〜3カ月経ったらヘアカラーを再度するという必要性がある場合もあります。どんなヘアカラーの種類を選ぶべきかということ、そしてどんな色にしたいかということを自分なりに考えてみて、美容師と相談しながら決めていけばいいですね。