イメージを大切にする

イメージを大切にする

自分はこんな雰囲気になりたいというようなイメージを大切にすることはとても必要なことだと思います。もしもそれが自分に合わないというようなものだとしても、その髪型や雰囲気に魅力を感じる自分がいるということを大切にしてほしいと思います。

 

 

 

実際にそのお手本や見本となるような雑誌やプリントしたようなものがあればいいのですが、それが無い場合には自分の頭の中や心の中で持っているイメージというものが頼りになってきます。この部分はこういうふうにしたい、そしてこの部分はこういうふうに・・と自分なりに説明が出来るようにしておくことが重要です。

 

 

 

時間をかけてしまって美容師に迷惑をかけたくないと思ったら、自分なりにイラストにしてみるとか、イラストを描くことが苦手という用な人でしたら、なんとなくの雰囲気を文章にして持っていくというのもいいかもしれません。

 

 

 

実際によく慣れた美容室でしたら緊張というようなものは少ないかもしれませんが、人は伝えたいことがある!という気持ちになるとどうしても高揚してしまって、思っていることを伝えにくいというようなことが多いかもしれません。特に美容室の雰囲気に押されてしまってついつい言いにくくなってしまうというようなこともあるでしょう。

 

 

 

でも肝心なことを伝えることが出来ないと自分の思うようにはなかなかならないので、自分のなりたい理想のイメージというものを文章でもいいですから、まとめてみてそれを持っていくというのもいいですね。切りぬきでしたら、ここの部分は、この切り抜き、ここの部分はこの切り抜きというふうに伝えてみてもいいかもしれません。