初心者でもできる美容師へのリクエスト

初心者でもできる美容師へのリクエスト

実際に髪の毛が伸びてきて美容室を予約したものの、自分の中でもどんな髪型にしていいのか迷うことは少なくないはずです。ですから美容師さんに「今日はどうしますか」と聞かれてもなかなかうまく希望を伝えることができないかもしれません。

 

ここでは初心者でも自分の中である程度イメージしているヘアスタイルをどのように美容師さんと共有することができるのかそのコツを考えてみましょう。まずその一つの方法は「憧れである同性の芸能人」などを挙げてみることです。

 

この点で大事なのはある程度有名でテレビなどの露出がある人であることです。そうしないと美容師さんも、その芸能人がどんな人でさらにどんな髪型をしていたのかなかなか思い出すことができないからです。またどんなヘアスタイルがいいのか自分でもはっきり分かっていない場合に、最低限「こんな髪形は嫌だ」ということを伝えるだけでもかなり美容師にとっては助けとなります。

 

例えば「この部分が短いのは嫌です」とか「こんな雰囲気にはなりたくありません」と嫌な部分をしっかりと伝えることで美容師の提案できる幅も大きく広がってくるのです。さらに意外と助けとなるのが皆さんの服装です。美容室に行くときには適当な格好でそこを訪れる人もいますがこれはおススメできません。

 

いつもの自分のスタイルで服装を決めていくとスタイリストさんも皆さんの方向性をしっかりと呼んでくれてオーダーを引き出しやすくなるのです。ぜひこんな点を意識して美容室に行ってみましょう。